沖縄県うるま市の外壁塗装のことなら、塗替え専門すまいるペイントにお任せください。マンション・アパート・塗装工事・防水工事

あなたの町のリフォーム屋さん!サポートホーム

建築塗装業県知事許可 (般-26)第12051号

外壁塗装ショールーム〒904-2245沖縄県うるま赤道173-2丸博ビル1F

営業時間:9:00~18:00

無料見積・相談はこちらまで

 smile-paint@support-home.com

外壁塗装の事なら、すまいるぺイント

098-989-8086

カラーシミュレーション

外壁塗装はカラーシミュレーションをやってから!

大事な住まいの色だから悩むのはあたりまえ!

  • 今の色からイメージチェンジしたいが勇気がない。
  • いっぱい色がありすぎて選べない。
  • 選んだ色が近所で浮かないか心配。
  • カラーサンプルだけ見せられてもピンとこない。
  • 仕上がりのイメージができない。

外壁塗装工事をなさるお客様に共通してある上記のような色選びのお悩み。

実際に塗装工事をしてみて、「自分のイメージしていたものと違う!」

「明るすぎて周囲の環境から浮いてしまった!」「塗り替えたのはいいけどイメージと違う!」「逆に地味すぎて暗いイメージになっちゃった!」そうならないためにも外壁塗装のまえに「カラーシミュレーション」を行なって、事前に塗装工事完成後のイメージを持っていただくことによって、お客様の不安を解消し、よりイメージに近い仕上がりになります。

※カラーシミュレーション画像と実際のカラーは若干異なります。

すまいるペイントのカラーシミュレーションはすべて無料で出来ます。

カラーシミュレーションの流れ

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

無料相談

まず最初にお客様のお好みのカラーやイメージをお聞かせください。

「まったくイメージがつかない!」と思っているお客様もご安心ください、専門のスタッフが丁寧にご対応いたしますので、なんでもゆっくりとお聞かせください。

色見本帳から選ぶ

お客さまとの対話を重視しながら、すまいるペイントで使用している塗料の色を色見本帳で確認しながら、具体的に使用したいお好みの色を数種類選んでいただきます。

専門スタッフからのアドバイスなどもありますのでご安心ください。

専用ソフトでカラーシミュレーション

カラーシミュレーション専用のソフトに、ご自宅外観の写真を取り込み、選んでいただいた数種類の色を配色してシミュレーションを行ないます。お客様が選んだ色が実際のご自宅の外壁に塗られた際に周辺の景観にマッチするかや数種類の色の組み合わせパターンなどを確認できます。

カラーサンプル板で確認

カラーシミュレーションでイメージをご確認していただけたら、お選びいただいた色をA4サイズのカラーサンプル板で実際に塗料が塗られた状態を確認していただきます。

ご確認する時はお天気の良い日に外に出て、太陽光の下で少し離れた場所から確認する事をお勧めします。

カラーシミュレーションをするメリット

すまいるペイントでは外壁塗装を行なう前に、カラーシミュレーションができます。

カラーシミュレーションをすることで、外壁塗装工事後のカラーイメージがわかりやすくなり安心して外壁塗装工事を任せていただけます。

カラーシミュレーションを活用する事で色の色相・全体的な複数の色の配色バランス、周囲の景観とのマッチングなどもイメージできるので、大きなイメージ違いになる事も少なくなり、多くのお客様からもご好評いただいております。

ただし、カラーシミュレーションの過信は禁物です。

色はその人の見え方にも個人差があり、モニターや印刷機にも色の誤差があるものです。

あくまでもカラーシミュレーションは外壁塗装の参考程度にとお考えください。

カラーシミュレーションは外壁塗装工事の色仕上がりを補償するものではありません。

 

 

 

カラーコーディネーターもお勧めします!

カラーシミュレーションで、よりイメージに近い仕上がりを!

印刷した紙で提案するよりも、相談コーナーでのモニターを使用した

カラーシミュレーションでは様々なイメージをよりリアルに見る事ができます。

カラーシミュレーションをご希望の皆様へ。

日本ペイント株式会社 HANA*COLLECTION
LIFESTYLE診断

外壁塗装を行う際、お客様からよくいただくご相談内容は、やはり色選びのお悩みが一番多いです。

数多くある色の中から数種類色を組み合わせて、ご自身の好みの外観に仕上るためにも色選びは重要ですよね。

色選びの参考の一つとして、左のサイト(メーカーサイト)は、あなたのライフスタイルにあわせた色の組み合わせなどが試せますのでおすすめです。

カラーシミュレーションの前に、お好みの色のイメージや組み合わせなどをお伝えいただければ、よりスムーズにご相談できると思いますので、ご興味のある方は是非ご活用ください。

 

カラーシミュレーション施工事例

カラーシミュレーションでのご提案パターン。

カラーパターンA

カラーパターンB

カラーパターンC

before

after(カラーパターンA)


すまいるペイントで行うカラーシミュレーションはあくまでも外壁塗装後の色の組み合わせや、イメージを分かり易くするために行うものであり、実際の外壁塗装後の色には差異が生じますのでご了承ください。
●カラーシミュレーションは外壁塗装後の色仕上がりを保証するものではありません。

カラーシミュレーション施工事例

カラーシミュレーションでのご提案パターン。

カラーパターンA

カラーパターンB

カラーパターンC

before

after(カラーパターンC)

すまいるペイントで行うカラーシミュレーションはあくまでも外壁塗装後の色の組み合わせや、イメージを分かり易くするために行うものであり、実際の外壁塗装後の色には差異が生じますのでご了承ください。
●カラーシミュレーションは外壁塗装後の色仕上がりを保証するものではありません。

カラーシミュレーション施工事例

カラーシミュレーションでのご提案パターン。

カラーパターンA

カラーパターンB

カラーパターンC

before

after(カラーパターンC)

すまいるペイントで行うカラーシミュレーションはあくまでも外壁塗装後の色の組み合わせや、イメージを分かり易くするために行うものであり、実際の外壁塗装後の色には差異が生じますのでご了承ください。
●カラーシミュレーションは外壁塗装後の色仕上がりを保証するものではありません。

 外壁塗装で役に立つ! 色の豆知識。

外壁塗装工事での色選びを考えるときに注意したいのが、同じ色でも見え方によって印象が異なって感じられるという事です。

また、周囲の景観とのバランスも重要です。

ここでは、外壁塗装工事での色選びの参考として色の見え方や色彩・イメージについてご紹介いたします。

 

色の三属性

色の三属性とは? 色相・明度・彩度のことを言います。

  • 色相(しきそう)とは、赤・黄・緑・青・紫といった色の種類、色の要素、色味のことを言います。たとえば、同じ赤でも薄い赤・濃い赤・明るい赤・暗い赤などありますがすべて赤味といった色相に分類されます。色相はイメージの違いを表現するのに最も優れた属性です。
  • 明度(めいど)とは、同じ色でも明るい色・暗い色というように、色には「明るさ」の度合いがあります。色相に関係なく比較できる色の「明るさ」の度合いを明度と言います。
  • 彩度(さいど)とは、色味の濃淡(強弱)、色の鮮やかさのことを彩度と言います。濃い色のものを彩度が高い、淡い色の物を彩度が低いと言います。一般的に彩度が高い色は派手な印象を受け、彩度が低い色は地味に感じられ印象に残りにくい色となります。

色の見え方

色は様々な環境、条件によって見え方が変わります。

外壁塗装で実際に塗装された色の見え方は、塗装表面に光が反射して見える光の色(表面色・反射色)ですので、晴れた日や曇りの日では光の照射量が違うので同じ色でも違った色に感じられることもあります。

外壁塗装の色選びの際には、良く晴れた日の屋外で確認することをお勧めします。

色の錯覚

同じ色でも人の錯覚(錯視)によって見え方が変わってくる場合もあります。

ここでは、数多くある色の錯覚による見え方の代表的なものをご紹介します。

面積効果による色の違い

面積効果とは、同じ色を小さい面積に塗った場合の色と大きい面積に塗った場合の色が違って見える現象です。

外壁塗装の色決めをを色見本帳の小さなカラーサンプルだけできめてしまうと、実際に外壁に塗ってみたときに「思っていた色と違う!」ってこともありますのでご注意ください。

◆明るい色の場合

明度(色の明るさ):面積が大きくなるほど、色が明るく見える。

彩度(色の鮮やかさ):面積が大きくなるほど、色が鮮やかに見える。

色相(色味):面積が大きくなるほど、色合いが強調されて見える。

◆暗い色の場合

明度(色の明るさ):面積が大きくなるほど、色が暗く見える。

彩度(色の鮮やかさ):面積が大きくなるほど、色がくすんで見える。

色相(色味):面積が大きくなるほど、色合いが強調されて見える。

進出・後退

色の進出・後退とは、色相(色味)によって色が進出して見えたり、後退して見えたりする現象です。

上の図では暖色系(赤色)は進出して手前に見え、寒色系(青色)は後退して奥に見えます。

もちろん、両方の図は同じ位置で同じ大きさに描かれていますが、これだけの印象の違いが生じます。

膨張・収縮

色の膨張・収縮とは、色によって膨張して見えたり、収縮して見えたりする現象です。一般的に高明度や暖色系は膨張しているように見え、低明度や寒色系は収縮して見えます。

寒・暖

色の寒・暖とは、一般的に暖色系の色は暖かさを感じ、寒色系の色は冷たさを感じる。また中性色は温度を感じない。

上記でご紹介した以外にも、「硬い・柔らかい」「軽い・重い」「興奮・鎮静」「派手・地味」など色によっては、様々な感情が感じられます。

上記の色の豆知識がお客様の色決めのご参考になれば嬉しいです。

すまいるペイントショールーム

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

098-989-8086

受付時間:9:00~18:00 年中無休